スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Esa-Pekka Salonen, Leiv ove Andsnes (p), Philharmonia Orchestra @ Tokyo Opera City Takemitsu Memorial

サロネン指揮のフィルハーモニア管の来日コンサートに行ってきました。東京で3公演ありましたが、仕事の都合上泣く泣く1公演だけ。本当は春の祭典も聴きたかったのですが。

今年はルトフワフスキが生誕100年な上に、この日が命日ということで、1曲めは交響曲第4番。今回、日本各地でそこそこのコンサートをこなしているコンビですが、この曲を演奏したのはこの日だけ。集中力の高い演奏で、初めてこの曲を聴いても感心するんじゃないかなと思うくらい。音が濁らず、ブレないオケの音がすばらしく、曲の美しさを引き出していたと思います。曲の後半、静謐な部分で打楽器のノイズが入り、これも曲かなと勘違いするほどだったのですが、本当にバチを落としただけでした。
続いて、アンスネスがソロを取るベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番。アンスネスは最近ベートーヴェンの協奏曲を集中的に取り組んでいて、1番と3番の録音が出ていますが、4番も基本的にその路線の演奏。彼らしい透明感のあるサウンドでしっかりと弾ききっていました。第1楽章のカデンツァは、ベートーヴェンの一つめのものだったとは思うのですが、途中で「これ違うのかなぁ」と思ったのでアンスネスが少しアレンジしてるかもしれません。ちなみに、トランペットはナチュラルトラペット、ティンパニもバロックティンパニであとはモダンの楽器でした。アンコールはソナタ22番の第2楽章。揺らしながらテンポをだんだん上げていったりダイナミズムを変えたり仕掛けの多い面白い演奏でした。

後半はベートーヴェンの7番。コンチェルトと同じくナチュラルトランペットとバロックティンパニ。ティンパニが1つだけ現代楽器だったので、どう使うかと身構えて見ていたのですが、結局1音も叩かれず。サロネンですがやはり凄い。耳がいいとか指揮が良いとかいうレベルを超えて、音楽が楽しい。もちろん、楽器を混ぜるくらいなので、各フレーズ、バランス、いろんなところに仕掛けがあり、旧態依然とした演奏ではないのですが、そういう細かいところを考えなくても音楽として楽しめる仕上げをしてくるところがレベルが高いなと。終楽章はお疲れなのか慣れすぎたのかオケが乱れるところもありましたが、快速テンポで踊りきりました。全集で録音が出たら買いますね。
アンコールはシベリウスの悲しきワルツ。1つだけあったモダンのティンパニはこの曲のためでした。ベルリン・フィルなどのオケより値段も安いのに、空いている席もそこそこあり、もったいなあと思った演奏会でした。

  • Lutoslawski / Sympyony No.4
  • Beethoven / Piano Concerto No.4
  • encore : Beethoven / Piano Sonata No.22 - 2nd mvt
  • Beethoven / Symphony No.7
  • encore : Sibelius / Valise Triste
  • Profile

    Shinya Takeuchi

    Twitter
    Follow Me!
    shinyatakeuchiをフォローしましょう
    Calender
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    Monthly Archives
    Category
    Visitor
    Search in my logs
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。