スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kazushi Ono, Michie Koyama (p) , Yomiuri Nippon Symphony Orchestra @ Suntory Hall

サントリーホールへ読売日響の定期公演を聴いてきました。目当ては指揮の大野和士。コンマスは、来シーズンから読響のコンミスになることが内定している日下紗矢子。ベルリン・コンツェルトハウス管響のコンミスとの掛け持ちなので、読響との活動にどの程度まで力を入れるのかはわかりません。
前半は小山実稚恵のソロでラフマニノフのピアノ協奏曲第3番。なぜか弱音で弾き始めたピアノは、その後まとまりのない音塊となって延々と続いて行きました。弾けるようにしか弾かないのでアクセントの位置も歌いまわしも、私の感覚からすると変。そもそも後半の曲がアルプス交響曲なのに、なんでこんな曲選ぶのかなあ。せめてラフマニノフを弾きたいなら第1番だろうと思うのですが。オーケストラはとても上手くつけていたと思います。
後半はアルプス交響曲。昨年、ルイージ+PMF、ハーディング+サイトウ・キネンと2回聴いた曲です。ここのところ東京ではブームの曲で、ウィンドマシンのレンタル料が安くなったのかと思うほど取り上げられています。今日の演奏は期待していたのですが、正直満足出来ませんでした。
大野は新国立劇場でのトリスタンや、バスティーユでのカルディヤックなどオペラでの演奏が良かったので、期待していたのですが、コンサートプログラムは曲を選ぶんですかね。淡々と振る割にはテンポが伸縮し、まるで流れがつかめませんでした。この曲は、映画音楽みたいと揶揄されることもありますが、そういう曲だからこそ山に登る一つのストーリーとして流れを作って欲しいところ。あくせく登っても情景が見えないんですよね。指揮でけっこう急かす割に、オケが付いて行かない状態でした。カウベルもテープでの再生のようでしたし。

知り合いが会場で聞いたという会話。
おばさん:「あの金属の板みたいなものはなにかしら。」
(答:金属の板です)

  • Rachmaninov / Piano Concerto No.3
  • R.Strauss / Eine Alpensinfonie
  • Profile

    Shinya Takeuchi

    Twitter
    Follow Me!
    shinyatakeuchiをフォローしましょう
    Calender
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    Monthly Archives
    Category
    Visitor
    Search in my logs
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。