スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edo de Waart , NHK so @ NHK Hall

N響の1740回定期公演。当日券で入る。最近は3階席に座りたくないので、3倍の額を払って2階へ。ステージに演奏者が入る前に拍手が始まったので、何事かと思ったら皇太子殿下のご入場。2階のセンター1列目。後から見たニュースによるとN響を聴きに来られたのは初めてだそうで。

指揮はエド・デ・ワールト。プログラムはブルックナーの8番一本勝負。演奏ですが、解釈は全くもって中庸で真っ当。第4楽章のテンポがちょっと速めかなあと思った以外は緩いところも変に走るところもなく、不自然に感じるところはなかった。メリハリも適度にあり、眠くなるところもなし。こういう演奏はなかなか聴けないので、私は好きだ。どちらかというと構築感があって、オケの楽器の音が透けて見えるようなブルックナーの方が好みだ。最近のN響は金管も調子がいいので、安心して聴けた。NHKホールとサントリーは特に男子トイレが狭いので、ブルックナーの日は男子トイレのみに行列ができることを揶揄し「ブルックナー行列」と最近は言われる。このような高齢の聴きての方たちは、今日のような演奏では全然満足できなかったと思う。ハイティンクなどが嫌いな人はああいうブルックナーは毛嫌いするんだろうなと、なんとなく思った。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。