スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hiromi Okada @ Tokyo Bunka Kaikan Small Hall

せっかく休暇をとったので、コンサートのダブルヘッダー。19時から文化会館で楽しみにしていた岡田博美の「ふらんすプラス」第10回。このシリーズは今年で最後なので、ロビーにこれまでのパンフレットが並べて展示されていた。
初めはバッハのフランス風序曲。パルティータ2番の録音でも感じるが、彼のバッハはタッチは硬めできっちり鳴らす反面、リズムを揺らして浮遊感を出す演奏だった。この曲をいいと思う演奏はあまりないのだが、この演奏は録音で聴き返してみたい。次が、ブーレーズのノタシオン。作曲者はフランス人ですが、この作品はフランスっぽくないよなと。先鋭的な音の連打は9月のベリオで聴いているので、違う曲でも良かったかなと。ポイントは曲の短さかも。

後半がメインのデュカスのソナタ。これを実演で聞けるだけでもありがたいが、ライブ感のあり、かつ完成度の高い演奏だった。第1楽章はもう少し盛り上げようはあったかと思うのだが、そこのストイックさも岡田の持ち味かもしれない。第3楽章はピアノの音がサチってるんじゃないかと思うような激しいタッチで、そこから第4楽章へ流れは最高だった。
アンコールは、ドビュッシーの夢、フォーレの夢の跡に、そして岡田自身の編曲による矢代の夢の船、と夢つながりで3曲。フォーレが良かった。

来年は5月末にイベリアの全曲演奏会をするそうです。過去2回聴いたが、彼にしては珍しく、演奏でハラハラする場面がある曲。聴きにいけるといいけど。

  • Bach / Overture in the French Style BWV831
  • Boulez / Douze Notations
  • Dukas / Piano Sonata
  • encore : Debussy / Reverie
  • encore : Faure - Okada / Apres un reve
  • encore : Yashiro - Okada / The Dream Boat
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。