スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marc Minkowski, Guillaume Vincent (p), Mutsuko Tajima (p) , Orchestra Ensemble Kanazawa @ Suntory Hall

サントリーホールに着いたのが19時5分くらいで、すでにコンサートが始まっていた。ミンコフスキー指揮のアンサンブル金沢のコンサート。ミンコフスキーが現代オーケストラ、しかも日本のオーケストラを振るコンサートを実演で聴けるということで楽しみにしていた。
個人的にはワイルが一番良かった。曲がいいってのが大きい理由だが。ワイルのパリ時代に書かれたということで、本日はオール・フレンチプログラムということらしい。プーランクは第1ピアノ奏者がノリノリで弾いてはいたが、音が美しくなくイマイチだった。第2ピアノの日本人の女の子がミンコのお気に入りだそう。こちらは手堅くてコロコロしたピアノで、プーランクにマッチしていたと思う。ラベルは…もうちょっとオケが巧かったらなあ…ペットは弱音ではうまいんだけどFFで外すとか微妙だった。


  • Weil / Symphony No.2
  • Poulenc / Concerto for two pianos
  • encore : 3rd mvt from Poulenc / Concerto for two pianos
  • Ravel / Ma mere l'oye
  • encore : "Laideronette, imperatrice des pagodes" from Ma mere l'oye
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。