スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jakub Hrusa , Simona Saturova (sop), Jana Wallingerova (ms), Tomas Juhas (t), Peter Mikulas (bs), Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra @ Suntory Hall

サントリーホールで都響のコンサート。指揮はフルシャ。前回、フルシャが振った時の評判がまわりでも良かったので、指揮者目当てで聴きに来た。曲はドヴォルザークのスターバト・マーテルのみ。連日でドヴォルザークだ。オケが素晴らしかったが、パワーのあるソリストのポイントが高かった。特にテノール、そしてビジュアルもいいアルト。そして肝心のフルシャについては、指揮者として上手いのはわかったが、凄さが解らなかった。特に前半の展開がのっぺりしすぎて、曲をどこに持って行きたかったのかがわからないまま終わってしまった。オケのせいもあると思うが、ドライブ感が足りない。この曲は、1月に聴いたホーネック+チェコフィルでのものが濃密で劇的だったため、印象が強いせいもあるかもしれないが。


  • Dvorak / Stabat Mater
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。