スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kazushi Ono, Sayaka Shoji (vn), Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra @ Suntory Hall

19時からサントリーホールで都響の定期演奏会。指揮は大野和士。ここ数年、大野は大人気でチケットが取りにくくなっています。このコンサートも仕方なくP席。P席なんて座るの久々。プログラムは前半がシェーンベルクの浄夜、シマノフスキのヴァイオリン協奏曲第1番。仕事をさらっと逃げて、19時にぎりぎりサントリーホールに着いたのですが、1曲めが何かは覚えていませんでした。まさか浄夜だとは思っておらず、いきなり30分。世紀末の蒸れた濃ゆさは出さず、比較的すっきりした演奏。ただ弦の低音部は都響らしからぬ荒い音をときどき出していました。わざと揃えずに弾いていたようなフシもありちょっと意図が読めませんでした。シマノフスキのソロは庄司紗矢香。最近の彼女はとても良いです。グラモフォンからデビューしたときはアイドル扱いでしたが、naiveに移籍してからの録音は良いです。この日も、高音部までクリアに音が出て、カデンツからの緊張感が素晴らしかった。ただ、大野の方があまり曲を覚えていないのか、頭のほうでスコアを慌ててペラペラめくったり、ちょっとまとまりがない気もしました。後半になるにつれ、伴奏もいい感じになって行きましたが。前半が終わった時点で20時半。
まあ、お腹いっぱいなんですが、後半がバルトークのオケコン。大野がこれまた丁寧に指揮をするのです。いい演奏だったのですが、第1楽章の最後のテーマに戻るところでトロンボーン(あとから人に聴いたところによるとペットも)がすこっと落ちました。あれは残念。普段のインバルが指揮する都響の時と違い、丸い感じの音もぐぐもった響きも少なく、エッジの立ったシャープな音の響きがします。非常に解像度が高い演奏でした。今日のレベルは非常に高かったと思います。


  • Shoenberg / Verklaerte Nacht
  • Szymanowski / Violin Concerto No.1
  • Bartok / Concerto for Orchestra

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。