スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩川、鬼怒、佐藤トリオ @ 祖師ヶ谷大蔵Cafe Muriwui

職場からあるいて15分程度のところで鬼怒無月がギターを弾くということで久々に聴きに行くことにする。前日のSalle Gaveauも聴けなかったことだし。場所は祖師谷大蔵の駅から5分ほど歩いたビルの3階にあるカフェ。しかし、気温が35度近い暑い日。15分歩いただけで汗だくになった上に、この小屋は半オープンカフェで扇風機しかなく、痩せるんじゃないかと思うほど汗をかいた。
岩川光、鬼怒無月、佐藤芳明のトリオ。岩川光というケーナのプレーヤーは初めて聴く。19時に職場を出たので、着いた頃には、すでに2曲終わっていた。どちらもパスコアルの曲だったようだ。客は20人程度。いちおうギターはアンプを通しているが、タカミネのアコースティック1本。ケーナとアコーディオンは生音。スリランカのスタウトと、店の名物らしいチーズバーガーをつまみつつ楽しむ。
セットリストで覚えているのは、リベルタンゴ、鬼怒氏が書いたHeaven's Egg、キネ・シネシ(だと思う)のMilonga para Hermeto、パスコアルの"Calendario Do Som”から1曲(何番かは忘れた)など。アンコールはジスモンチのFrevo。こういうのを聴くと南米音楽を聴きたくなってしまうので困る。とりあえずシネシのアルバムでも買うかと。ライブが終わった後、15分で家に帰れる近さも良い。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。