スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Ingo Metzmacher

Ingo Metzmacher, Wiener Staatsoper: Shostakovich / Lady Macbeth of Mtyansk : Orfeoのウィーン国立歌劇場のライブ録音シリーズ。メッツマッハー指揮のショスタコーヴィチ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」。メッツメッハーがこの曲を振ると知ったときは、ウィーンでほんとに上演できるのかと思った。ウィーン・フィル自体ショスタコの演奏はそれほど多くないはずだ。しかし最近はメシアンでも演奏するし、レパートリーも増やしていかなければいけないということなんだろう。さて、音を聴くとこれがウィーンらしいショスタコになってるのだ。金管が危ないところもあるし、安全運転に聴こえるところもある。しかし、メッツマッハーらしい鋭く引き締まったリズムとバランスのいい音を聴くことができる。カテリーナのデノケもすばらしい。映像付きで見てみたいのと、もっと機動性の高いオケだとどうなっていたのかなという興味はあるが。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。