スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Francesco Tristano

Francesco Tristano : bachCage : テクノなどのジャンルでもライブや録音を行い「The Melody」でとても気に入ったピアニスト、トリスターノがグラモフォンに移籍してアルバムを出した。バッハとケージを並べるというプログラム。しかしバッハのパルティータを聴いて残念に思った。これを聴いてスケジュールを調整してまで来日公演に行くのを辞めたくらいだ。音がきれいでない、ピアノの響きがない、装飾も収まりが悪い。プロデューサーがオズワルドなので、彼の意向なのかな。これはダンスミュージックだ、みたいな宣伝文句をいっぱい見たがこれでは踊れない。グールドと比較する人が多いのかもしれないが、グールドが持っていたビート感がトリスターノには希薄だ。ケージの曲だって、もっと美しく弾くピアニストはいっぱいいるし、間とかがもっと重要なはずだ。アイディアはいっぱい持っているのだろうけど、まだピアノで表現できる幅、引き出しはそれほど多くないように感じた。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。