スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Isabelle Faust

Isabelle Faust : Bach / Partita : 庄司紗矢香のバッハを聴いて以来、手持ちのバッハの無伴奏の録音が少ないと思い始め聴き漁っている。ヒラリー・ハーン、ユリア・フィッシャー、イブラギモヴァと女流演奏家を中心に聴いてるが、最近の録音として店頭で見つけたのでイザベラ・ファウストのものも購入。パルティータの第2番、第3番とソナタの第3番。。全体的にゆっくりテンポで、非常に丁寧に一音一音響きを確かめながら弾いているような演奏だ。アッチェレランドしたり、変わった装飾が入ったりすることもあるのだが、疾走感のようなものにはつながらず幅の広い響きを作っている。ヴァイオリンの音がこれまで聴いたことのないようなサウンドなのだ。ジャケットが演奏のイメージを良く表していると思う。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。