スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Hagen Quartet

Hagen Quartet : 30 : ハーゲン四重奏団の新譜。このところグラモフォンから録音がでないと思ったら、どうやら契約を切られたようで、Myriosというレーベルからアルバムが出た。結局ベートーヴェンもショスタコも全集録音にならないままになってしまっている。アルバムタイトルは30で、30周年記念ということ。選曲は、ベートーヴェンの8番、モーツァルトの18番、ウェーベルンとハーゲンの得意とする作曲家が選ばれている。
レーベルが変わっただけで、こんなに演奏と音が変わっていいのかと思うくらい、これまでのハーゲンのイメージと違う。ベートーヴェンは各楽器のバランスに細かな注意を払ったレントゲンで骨を透かしたような演奏。モーツァルトは、オーセンティックな演奏に目覚めたようでノンビブラート。しかもテンポ設定は遅めで、フレーズの切れ目でちょっと間があくのが気になる。これまでハーゲンのイメージというと、速めのテンポでえぐるような低音フレーズを効かせることで疾走感のある演奏をするカルテットだったのだが、このモーツァルトはぜんぜん違う。とても考えられた演奏なんだろうけど、聴いていてあまり楽しくない。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。