スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Al Di Meola

Al Di Meola / Persuit of Radical Rhapsody

Al Di Meola (g,key) , Fausto Beccalossi(accordion) , Kenin Seddiki (g), Gumbi Ortiz (perc), Peter Kaszas (d), Victor Miranda (b) / Charlie Haden (b/13,15), Peter Easkine (d/10,12), Gonzalo Rubalcaba (pf/5,10,12,13), Barry Miles (k), Mino Cinelu (perc/3,4,13,14) , Sturex String Quartet

アル・ディメオラの新譜。久々のWorld Sinfonia名義で、内容もアコースティックを多用したラテン系の曲が多い。エレクトリックにヴォーカル・アルバムにReturn to Foreverの再結成にと振れ幅の大きい人だ。ほとんどがディメオラのペンによる曲で、1曲がビートルズ、1曲は虹の彼方にで、ピアソラの曲は取り上げられていない。ゲストは結構豪華なのだが、録音を聴いて聴き分けられるほど特徴のあるプレイはしていない。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。