スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Tolga Kashif , Freddy Kempf

Tolga Kashif, London Symphony Orchestra : Genesis Suite : トルガ・カシフという作曲家がGENESISの曲をオーケストラ用にアレンジし、ロンドン響を振ったいわゆるトリビュートアルバム。買った理由はピアノをフレディ・ケンプが弾いているから。選曲が偏っていて、中期の2枚から4曲、後期は"Follow you, Follow me"と「Invisible Touch」からメドレーで2曲、「We Can't Dance」から1曲。ピーター・ガブリエル在籍時のものは無し。ジェネシスの曲のアレンジの本質は執拗なまでのアルペジオで、トニー・バンクスのキーボードによるものもそうだし、トニーがギターに持ち替えてギター3本でアルペジオを弾くものまである。特に中期の曲はその傾向が強いのだが、このアルバムのアレンジはそこを全部なくして、メロディだけ拾ってしまっていてつまらない。しかも"Mad Man Moon"などピアノが映える曲を選曲しているのに、ケンプがピアノを弾いているのは違う曲("Ripples"、"Entangled")であまり目立たいものだ。ジェネシスのコアなファンは勧められない。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。