スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Camilla Nylund

Camilla Nylund : Transfiguration :カミラ・ニールントのソロアルバム。先月、ウィーンでサロメを観てきたばかりなので購入。今年、新国にも来る予定なのですね。この「変容」というタイトルのアルバムは、得意のワーグナーとシュトラウスのアリア集。スタジオセッションでの録音なので、安定した伸びのある声が収められている。アラベラやダフネから選曲されているのがいい。ワーグナーはどのアリアも情念のこもったダイナミックレンジの広い歌いっぷりがいいのだが、やはりタンホイザーのエリザベートが気に入った。トリスタンはオーケストラの色気と粘りが足りなくて、彼女にマッチしていない気が。リントゥという人の指揮のタンペレ交響楽団。残念ながらどちらも知らない。アラベラのヴァイオリンソロも少し残念気味。最後のサロメも歌は素晴らしいのだが…
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。