スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Jukka Pekka Saraste

Jukka Pekka Saraste + WDR so : Mahler / Symphony No.9 : ビシュコフの後にWDR交響楽団(ケルン放送響)の首席指揮者になったサラステの新録音。サラステのマーラーといえば、以前にミュンヘンフィルで交響曲第6番を聴いたことがあるのだが、これがよくわからない演奏でいい印象がない。この録音は第9番であるが、冒頭は丁寧に緊張感のある音が続く。しかし、後半に進むにつれ勢いに任せた部分が多くなる。テンポの揺れのせいかオケも不安定になっていく。ピークは第3楽章の後ろのほう。もうちょっと落ち着きがあると緻密でオケの良さがわかる演奏になったのに。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。