スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Myung-Whun Chung , Mihoko Fujimura (alt) , NHK so @ NHK Hall

N響のコンサートに行ってきた。チョン・ミュンフン指揮、マーラーの3番。マーラーはコンサートで良く聴いているし、昨年は生誕150年、今年は没後100年なので多くプログラムに取り上げられているが、3番の実演をほとんど聴いたことがない。調べてみたら3番を聴いたのは、これまたN響で1993年12月にインバルの指揮の時。N響がこの曲を取り上げるのも、このインバルのコンサート以来17年ぶりらしい。コンマスはマロ。ミュンフンのテンポは少し遅めなこともあるが、音色の幅の狭い金管のせいで第1楽章がとても緊張感なく聴こえた。弦パートとクラリネットは全体的に良いと思った。あとバンダのポストホルンが良かった。第2楽章以降もミュンフンの指揮は丁寧で、音楽の流れもいいと思った。アルトの藤村美穂子は第3楽章の終わり頃に、袖からそっとステージに入ってきて、良い演出だと思ったが、第3楽章から第4楽章の間に休止をいれたのであまり意味のあるものではなかった。藤村のソロは素晴らしいのだが、あまりにも語りかけるような歌でドラマティックすぎるかもしれない。ミュンフン、在京の他のオケも振ってほしいなあと聴きながら思った。
コンサート前に、高校の同級生に会った。あまりクラシックをコンサートで聴く印象のある男ではなかったので、思わず「何してんの?」って訊いてしまった。コンサート聴きに来てるに決まってる。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。