スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Der Kongress tanzt / オーストリア1日目 ウィーン

マイトリンク駅(Wien Meidling)に到着。ウィーンの交通は以前来た頃に比べかなり変わっているようだ。国際列車が停まる駅がこの駅ってのも違和感がある。ミッテ駅からホテルに近いSchweden plまで電車で移動するが、ミッテ駅も大工事中。後から調べたらウィーン中央駅というのを作るらしく、それに合わせていろいろ工事しているみたいだ。
まだ12時でチェックインはできないのでホテルに荷物だけ置かせてもらう。ウィーンは地下鉄やトラムに乗っているだけでうきうきしてくる感じがする街だ。ホテルからケルントナー通りを抜け、シュテファン寺院の方まで歩く。ホテルの近くでフランツ・シャルクのプレートを見つけた。フランツ・シャルクはウィーン国立歌劇場総監督だった人で、ブルックナーのスコアを改訂(改悪?)したことでも有名な人。2枚目の写真は今年生誕100年を迎えるリストの音楽祭(Listomania2011)のポスター。いい感じだ。

WienWien

シュテファン寺院はちょうど礼拝中だった。シュテファン寺院も工事中で、入り口の面は絵が書いてあるシートで覆われている。ヨーロッパのどこでもそうなのだが、同じように見せようとする観光上の努力が当たり前のようにおこなわれている。

WienWien

SchwarzenbergplからD番のトラムに乗り、ベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere)へ。前に来たときは雪だったが今日は暖かい。オーストリアギャラリー(Oesterreicher Galarie)を見学。クリムトやシレーなど。クリムトのKussの絵の前は、日本人ツアー観光客が退屈そうにたむろしていて悪い雰囲気だった。宮殿の庭園では、ここぞとばかり日光浴を楽しむ人であふれていた。ちょっと太陽が出ているとすぐにこうだ。下宮まで歩いて71番トラムに乗り市内へ戻った。

Wien

Wien

トラムを降りたところがムジークフェライン(Musikverein)の近くだったので外から眺める。今回はこの中で聴く機会がなく残念。日本では雪だそうだが、気温がとても高く、街の掲示を見ていると13度くらいで暖かい。暖かくて天気がいいので、レンタルサイクルを借りることにする。いや、目についたから試してみたくなっただけだ。市内のいろんな場所においてあって、どこに返してもいいレンタサイクル。クレジットカードがあればOKで、自転車置場にある端末で登録や貸し出し作業をセルフでする。保証金がいるが(返してもらえる)、3時間で0.90オイロ(100円くらい)しかかからない。自転車で市立公園(Stadpark)を走り、シュトラウス、ブルックナー、シューベルトなどの像を見る。ブルックナーの像は、なんかペンキのようなものがかけられていてハナ肇の状態になっていた。

Wien

WienWien

そのままクンストハウス・ウィーン(Kunsthaus Wien)へ。入場料12オイロ。フンダートヴァッサーという人の絵や建物デザインが中心の美術館で、美術館自体も彼のデザイン。現代美術中心だが企画展がイマイチだった。自転車を飛ばして、ウィーン北駅あたりまで行き、プラター公演の観覧車を眺めてからホテルに戻る。
Wien

Hotel Austriaに16時ころチェックイン。道から入った奥にあるし古そうとも思ったのだが、バスタブはあるし熱いお湯はでるし、受付も親切でまったく問題はない。ロビーでも部屋でも部領でWifiが使える。2泊で173.90オイロ。

Wien

Wien

Wien

16時半ころホテルを出て、トラムに乗り美術史博物館(Kunsthistorisches Museum)へ。夕焼けの色がきれいだった。上の2枚目はコンツェルトハウス(Konzerthaus)。ここのホールはまだ入ったことがない。美術史博物館は入場料12オイロ。ここは3回目。フェルメールなどお決まりの絵を観る。そのあとホテルザッハーでザッハトルテを食べてオペラまで時間をつぶす。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。