スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Paavo Jarvi

Paavo Jarvi + Deutsche Kammerphilharmonie Bremen : Schumann / Symphony No.1,3 : パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カマーフィルの次のプロジェクトはシューマン。パーヴォはシューマンが相当好きらしい。彼のシューマンの録音はチェロ協奏曲がすでにある。日本公演に合わせたのか日本先行発売でまず、交響曲第1番と第3番の録音が出た。シューマンといえどもベートーヴェンのようなピリオド演奏を取り入れ、精密で筋肉質な演奏をしている。シューマンはアレンジを変えられて演奏することが多いが、今まで聴いたことのない音がたくさん聞こえてくる。かといってバランスが崩れたり変な響きがするわけではない。ここは編成が小さいこともうまく作用しているかもしれない。何回聴いても飽きない録音。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。