スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Steve Reich

Reich / Double Sextet : ライヒの新作。近年の2作品を収録している。「2x5」の方が気になって購入。悪く言ってしまえばいつも同じなんだけど、編成の違いやアレンジで気に入ることもある。ダブル・セクステットは、90年代のキング・クリムゾンのコンセプトのようなタイトルだが(あれはダブル・トリオでしたが)アコースティック楽器とテープによる作品で、Eight black birdというユニットが演奏している。ピアノがいいかなあくらいのイメージ。
"2x5"もギター2、ベース1、ドラム1、ピアノ1の5楽器が2セットなのでこのタイトル。初演を行ったBang On A Canによる演奏。ギターが入るとちょっとクリムゾン風だとか、ピアノが入るとマグマだとか、カンタベリー系のうちソフトマシーンやピエール・モエルランのゴングなどと近い部分を瞬間瞬間に感じるが、もともと彼らはライヒやテリー・ライリーに影響を受けてミニマル構成の曲を書き始めた。なのでセルフ・パロディというか本家による本歌取りというか。店頭で視聴したときに何で気になったのか後でわかったのだが、実はマイク・オールドフィールドの初期作品が一番近い。単純にカッコイイ作品。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。