スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Husum 1987 , 1988

Rarities of Piano Music ay Schloss vor Husum 1987 , 1988 : フーズム音楽祭の第1回目と第2回目のライブ録音が発売された。今は病気でピアノが弾けないと言われているポンティや、最近噂を耳にしないダニエル・ベルマンなど懐かしいピアニストの演奏もおさめられている。録音がいまいちなものもあり。意外なのはモシュコフスキの火花をポンティが意外といいテンポで弾いていること。88年の方はアムランが自作の「前奏曲とフーガ」を弾いている。旧録が92年なのでそれよりも前の演奏だ。もう1曲収められていて、1回目の来日の最終日のアンコールの最後に弾き、会場全体に溜息をつかせたシューマンの「別れ」。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。