スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Clemens Hagen + Stefan Vladar

Clemens Hagen + Stefan Vladar : Schumann / Cello Works : ハーゲン四重奏団のチェリストであるクレメンス・ハーゲンとシュテファン・ヴラダーの新譜。このコンビはしばしばコンサートをおこなっていて来日もしている。最近ヴラダーがPreiserレーベルと契約し数枚のアルバムが出たが、これも同じくPreiserレーベルから。曲目はシューマンばかり。メモリアルイヤーだからですね。ハーゲン四重奏団といえば、最近の独墺のカルテットでよく聴くことができるチェロが前面に出ることが多いカルテットの先駆け。チェロは硬くて深い音で前に出てくるイメージが強かったのだが、このアルバムで聴けるのは柔らかいチェロの音で驚いた。そういえばザルツブルクの出身だったなと。いわゆるウィーン風に近い甘い雰囲気になることがある。ヴラダーのピアノも落ち着いていて良い。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。