スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Daniel Harding

Daniel Harding + Sinfonieorchester des Bayerischen Rundfunks : Orff / Carmina Burana : ハーディングの新譜。グラモフォンから2枚目。前回はウィーン・フィルだったが、今作はバイエルン放送響。定期公演のライブ録音。ハーディングと近いタイプの指揮者としてラトルが思い浮かぶが、ラトルの録音と違い、極めてオーソドックスな演奏。もうすこし筋肉質でもいいかなと思うところもある。バイエルン放送響も合唱も非常に巧い。録音の状態も良く、合わせてオケの抜けのよさを聞くことができる。ちょっとピッチが怪しいところも含めてプティボンもいい。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。