スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Michael Nanasakov

Michael Nanasakov : Rachmaninov / Piano Concerto No.1,4 : 超絶技巧を持つヴァーチャル・ピアニストであるナナサコフの新譜。第2番、第3番の録音に続いて、ラフマニノフの録音が出た。ナナサコフのサイトで予約したら発売日前なのに届いてしまった。第1番、第4番、パガニーニの主題による狂詩曲。ラフマニノフの協奏曲の2台版はこれで全部録音されたことになる。音のキレや立ち上がり、特にテンポの速い場所では再現が難しいのだろるが、それを差し引いても充分に面白い演奏。この録音は、自動演奏ピアノが1台しかないため、2台のパートを別々に録音した上でミックスしている。第1番の第3楽章や第4番の第1楽章など2台のピアノが立体的に録音されていて、ミックスにもかなりこだわっていると思う。スティーヴン・ハフがソロを弾く全集をよく聴くせいか、ロマンティックなフレージングに慣れてしまうと、ちょっとあっさりした印象を受けてしまうが、緩徐楽章でも充分に表情付けがなされていると思う。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。