スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Proms (Metzmacher)

夏のロンドンといえばProms。ここ数年はiPlayerで音が聴ける。いくつか聴いているのだが、今日はメッツマッハー指揮、ドイツ・ベルリン交響楽団の演奏を聴いた。シュレーカー、コルンコルド、マーラーと20世紀初頭のウィーンのプログラムで非常にメッツマッハーらしい。音がぶれない密度が高い演奏で非常に良かった。マーラーの第7番、第4楽章の後で拍手が出たのもちょっとだけわかる。しかし残念なことに、これがこのコンビの最後のコンサートなのですね。ハンブルク時代からも解るように、メッツマッハーはプログラムも含めて長期的な戦略を取りたがるようですが、ベルリン当局は予算をもっと削減したいと考えているようで、そのあたりで合わなかったのでしょう。音楽だけを聴いていると、もっと完成度の高いものが目指せるような気がするのですが。ドイツ・ベルリン響を他のベルリンのオケと合併させるという話が出たり、ベルリンといえども文化には厳しいようです。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。