スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Franz Welser-Moest

Franz Welser-Moest + Cleveland Orchestra : Wagner / Preludes : ウェルザー・メストとクリーヴランド管の新譜。グラモフォンと契約したというニュースと第9が出て以来、新譜がなかったが無事に第2弾が出た。ワーグナーの管弦楽曲集で本拠地セヴェランスホールでのライブ録音。リエンツィ、トリスタン、ローエングリン、マイスタージンガーの前奏曲とワルキューレの騎行、そしてヴェーゼンドンクの詩。メストのワーグナーはこれまでにチューリッヒでのオペラが何作かDVD化されているが、演奏の傾向としては変わらない。変なくせがなく、全体のバランスも良いのだが、さらさらと屈託なく進んでいく。ヴェーゼンドンクはバンクーバーオリンピックの開会式で歌っていたミーシャ・ブルガーゴーズマン。発音はあまりドイツ語っぽくないが、見た目と同様とてもパワーがあって良い。トリスタンは愛の死も演奏されるが、せっかくならブルガーゴーズマンに歌わせればよかったのにと思う。曲によっては抜けの悪いこもったような音質が気になる。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。