スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Pieter Wispelwey

Piete Wispelwey : Britten / Cello Symphony : ウィスペルウェイの新譜。ブリテンのチェロ交響曲。これまでウィスペルウェイはブリテンの作品を多く録音しているが、この曲は初録音。つけているのは金聖響が振るフランダース響。オケは全体的に地味なのが残念。その上、この曲はチェロとオケが同じバランスで難しい音楽を語ってくれないとだめなので、第4楽章冒頭のトランペットを始めとしてもう少し技術的に決めて欲しいと思うところがところどころある。木管などはいいと思うところがあるのだが。ウィスペルウェイはロストロポーヴィチほど派手ではないが文句ない。カップリングはブリテンの無伴奏チェロ組曲第1番。この曲は3回目の録音じゃないだろうか。前回の録音に比べてしっとりと歌っている印象を受けたのだが、タイミングだけ見るとこちらの録音の方が速い。曲としていいバランスのテンポなのかもしれない。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。