スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : John Scofield

John Scofield , Vince Mendoza , Metropole Orkest / 54 : ジョン・スコフィールドの新譜。ジャムバンド、トリオ、ブルースとアルバムごとにぜんぜん違う方向性だが、ギターはいつも一緒という彼だが、今回はビッグバンド。テリー・ボジオやマイク・ケネリー、スティーヴ・ヴァイなどのロック系ミュージシャンとの共演も多い、オランダのメトロポール・オーケストラとの共演。指揮とアレンジはこのオーケストラの首席指揮者であるヴィンス・メンドーサ。収録されている曲はスコフィールドの曲が7曲でメンドーサの曲が2曲。これまで知らな方tが、メンドーサの曲は彼のソロアルバムに収録されている曲で、そのアルバムにはスコフィールドも参加しているらしい。さて、演奏であるが、まあどこを切ってもスコフィールドです。いつもと変わらない。きっちりアレンジされたバンドに、絶妙のソロが彼独特のサウンドで乗る。アレンジも自然で、オケの演奏もノリが程よくいい。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。