スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Jim O'Rourke

Jim O'Rourke / All Kinds of People : ジム・オルークの新作。前作はマイク・オールドフィールドのような一人多重録音の長尺作品だったが、今回はバート・バカラックのカヴァーアルバム。多くのゲストを呼んでの作品。1曲目の細野晴臣の声から引き込まれた。私自身はバカラックの良い聴き手ではないのだが、いいメロディをたくさん書いていることに気付かされた。そして、ゲストの使い方というか割当て方がうまい。ジムは今、日本に住んでいるが、日本のミュージシャンに溶け込んでいて、よく理解している。アメリカのミュージシャンによる、日本の演奏家というフィルターを通して、アメリカの作曲家を再構成するプロジェクト。ややこしいけど、あまりない作品なんじゃない?あっという間に時間が過ぎて聴き終わってしまう。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。