スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Kent Nagano

Nicolas Angelich , Paavo Jarvi + Hr Sinfonieorchester : Brahms Piano Concerto No.2 : アンゲリッシュがソロを弾き、パーヴォ・ヤルヴィとフランクフルト放送響がつけるブラームスの協奏曲、第1番に続き第2番も録音された。どちらもメジャーな取り合わせなのに第1番も日本盤が発売されていない。Virginレーベルって日本盤が発売になる点数が少ないですね。さて演奏は、予想通りというかドイツオケなのに重くならない演奏。ピアノは派手めな音色で弾かれ、しっかり鳴り響いているが、重心が低くない。ヤルヴィとフランクフルト放送響の取り合わせは、意識的にしているのか、北ドイツの重厚さはあまり持っていないので、取り合わせとしては良い。ロマンティックさも控えめで、第2番でよく言われる南欧の明るさもそれほど感じないが、節度のある明るい演奏。個人的な好みから言うともうすこし筋肉質でもいいかなと思う。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。