スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Ian Bouslield

Ian Bouslield : Beethoven / Sonata, Trio : ウィーン・フィル首席トロンボーン奏者、イアン・バウスフィールドのアルバム。バウスフィールドはウィーン・フィルのメンバーだがイギリス人。ベートーヴェンとブラームスの室内楽を取り上げているが、ベートーヴェンのソナタはホルン・トリオのためのソナタ、ベートーヴェンのトリオはフルートとファゴットのトリオ、ブラームスのトリオはホルン・トリオを編曲したもの。しかし、何も聞かされずにこのディスクを聴いたらホルンだと勘違いしそうなほど音が柔らかい。ブレスの継ぎ目も分からないし、フォルテでも音が濁らないし、トロンボーンの楽器がどういうものかがよくわかったディスク。トリオで演奏するヴァイオリンは、ウィーン・フィルのヴィルフリート・ヘーデンボルクで、ピアノは岡田博美。両者とも清らかではっきりとした音でトロンボーンを支えている。どちらかというと、この2人の演奏が聴きたくて買ったディスクなのだが、バウスフィールドにやられました。録音時の様子は、ヘーデンボルクさんのBlog(ここここ)で見ることができる。4年近くこのBlogを読んでいるが、実はウィーン・フィルのメンバーが日本語で情報発信するBlogってすごくないですか。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。