スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVD : Simon Rattle

Simon Rattle : Waldbuene 2009 : 今年のヴァルトビューネがDVDになった。指揮はラトル。プログラムはチャイコフスキーのくるみ割り人形、ブロンフマンがソロを弾くラフマニノフのピアノ協奏曲第3番、春の祭典。ラトルの得意なロシアプログラム。コンマスはブラウンシュタインだが、隣に座っているのは話題になった樫本。ヴァルトビューネに演奏の質をどうこういうのは面白くなく、その雰囲気を映像を通して楽しまないといけない気がする。フルート部隊の見た目が華やかすぎ。こういう演奏会でさらっとハルサイを演奏しちゃうベルリン・フィルってすごいなぁと改めて思う。録音に関しては、会場が会場なだけに録るのが難しいと思うが、左右の分離が大きめな気がする。ホルンの定位に違和感を感じた。アンコールのベルリンの風で、今回のラトルはシンバル担当だった。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。