スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Yannick Nezet-Seguin

Yannick Nezet-Seguin : Ravel / La Valse : ヤニク・ネゼ=セガンは、ネットで話題になっていて、気になっていた指揮者。モントリオール・メトロポリタン管というオケとの録音が何種類か出ているのだが、店頭で見かけることはなく買うタイミングを逃していた。このたび、彼とロッテルダム・フィルハーモニー管がEMIと契約したということで、めでたくメジャーデビュー。ロッテルダム・フィルハーモニー管は、ゲルギエフに続いて彼が首席指揮者になったということになる。このラヴェルの管弦楽曲集が1枚目となる。オーケストラをうまく鳴らしているのだが、独特のバランス感覚で面白い。とても柔らかい表情つけで、たゆたうような雰囲気が前面に出ている。録音のせいなのかな。この録音だけでは決めつけられないので、もうすこし追っかけよう。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。