スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Wilhelm Backhaus + Karl Boehm

Wilhelm Backhaus + Karl Boehm + VPO : Brahms / Piano Concerto No.2 + Mozart / Piano Concerto No.27 : ベームとバックハウスとウィーン・フィルという、一昔前の黄金の組み合わせのライブ録音。モーツァルトのピアノ協奏曲第27番とブラームスの第2番のカップリングで、モーツァルトが1960年、ブラームスが1968年。どちらもザルツブルク音楽祭のライブ録音。残念ながらモノラルだが、音質は良い。この2曲は、全く同じ組み合わせでデッカにスタジオ録音が残されている。モーツァルトは1955年で、ブラームスは1967年。モーツァルトはスタジオ録音と解釈も違い、このライブ録音のほうが好みの演奏だ。ブラームスはほとんど解釈は同じだが、よりテンポが遅くなり間延びしていると感じられるところもある。このCDを聴いた後、スタジオ録音を聴きなおしてみたが、スタジオ録音のほうがいいですね。ウィーン・フィル、決して上手くはないがサウンドに味があります。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。