スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Leiv ove Andsnes

Leiv ove Andsnes : Mussorgsky / Pictures : アンスネスの新譜、展覧会の絵。ヴィジュアルアーティストとのコラボレーションで、スクリーンに映像を映しながらこの曲を演奏するというツアーをしていたらしく、そのドキュメンタリーDVDつきのセットもあったが、通常盤を購入。アンスネスの持ち味であるクリアで美しい音と、よくコントロールの効いた演奏で、各曲がメリハリをつけて提示されていく。飽きなく最後まで聴かせるためかなり計算しているようだ。ホロビッツ編曲に近い表現のつけ方だが、ホロビッツ盤で聴くことができるキエフなどでの派手な装飾などは全くない。彼は、「Horizons」での選曲といい、このアレンジといい、正統派ピアニストと違うセンスを持っている。カップリングはムソルグスキーの「子供のころの思い出」という珍しい小品と、シューマンの「子供の情景」。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。