スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Maurizio Pollini

Pollini : Bach Well-Tempered Klavier : 出る出るといわれていた、ポリーニのバッハ、平均律の録音がついに出た。第1巻のみ。最近レパートリーを広げたわけでもなく、昔からバッハは弾いているが、ここに来て、やっと録音する気になったようだ。しかし個人的には、時期が遅かったのではないかと思う。やはりバッハというのは正確にきっちりとしたリズムとビートで演奏することがベースにないと、対位法や舞曲の面白みが演奏に出ないと思う。ポリーニのこの録音は、心が先走って手のコントロールが効かなくなってしまっていると思う。トリルなんかもちゃんと弾けていない。ポリーニの思いを頭の中で勝手に補完して、すばらしい演奏だと思い込みたいのはファン心理なんだろうけど、やっぱりこの演奏は指がもつれていますよ。ポリーニが、ここにきてイタリア人の歌謡性がでてくるってこともないでしょう。鼻息が荒くなるほどいっぱいいっぱいなのかと思うと、残念な気もする。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。