スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Pieter Wispelwey

Pirter Wispelwey : Schubert / Arpeggione Sonata : ピーター・ウィスペルウェイの新譜。シューベルトのアルペジオーネ・ソナタ。Onyxレーベルに移籍して2枚目になるが、このアルペジオーネも2回目の録音。伴奏は1回目の録音と同じくジャコメッテイ。しかし、楽器が変わったせいか1回目の録音と大きく解釈が異なる。どちらかというと、音を短めに切り、古楽演奏のような乾いた響きを強調しているように聴こえる。録音のせいだろうか。ピアノがフォルテピアノだからという理由ではない(1回目も同じ)と思う。テンポはだいたい遅めでゆっくり歌うように演奏している。デュオ・ソナタと幻想曲はウィスペルウェイが編曲したヴァージョンでの録音。次々と新譜が出るが、どれもクオリティが高い。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。