スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD : Mariss Jansons

Mariss Jansons + BR-Symphonieorchester : Mahler / Symphony No.7 : バイエルン放送はこのたび自主制作のレーベルを立ち上げた。単にレーベルを立ち上げたというだけでなく、BR-Klassikというブランドのもとに、放送だけでなく、放送を目的とした収録からディスクやネットなどのメディア展開までのビジネス展開を考えているようだ。この前書いた60周年記念のサイトでの、プローベ風景のストリームもそうだが、持っているアーカイブの質も量も桁違いなだけに今後が楽しみだ。その第1弾として、ヤンソンスとバイエルン放送響のマーラー、第7番のCDが出た。ヤンソンスの演奏は、どのオケで聴いてもしっくりこないのだが、バイエルン放送響の高機能なサウンドがよく響くことだけは確かだ。彼のマーラーは第5番を実演で聴いていて、その時もしっくりこなかった。この第7番も全体的にテンポが早く、勢いがあるのだが、何回も聴きたいと思わせるポイントがあまりない。表面的にはまとまっているのだが、何を響かせたいのか何を歌わせたいのかがつかめないのですよ。オケがうまいだけになおさらそう感じる。ガスタイクでのライブ録音だが、あのホールでこのテンポで演奏されると2階以上の席ではグチャグチャな音がしたのではないだろうか。逆に言えば録音が優秀。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。