スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下洋輔「ドバラダ門」

山下洋輔の「ドバラダ門」を読んだ。この本は、高校生の時、発売された直後に読んでいる。当時は筒井康隆の関連作品を読み漁っていた時で、しかも大河ドラマで「翔ぶが如く」を見ており、この作品がすっと落ちてくる環境にあった。その後おおまかな話は忘れてしまい、なんとなく面白かった印象だけ覚えていた。「文字化け日記」を読んだので、読み直すことにした。結局、山下洋輔は小説をこの作品しか書いていないんですね。印象通りやはり面白い作品だった。彼の血筋、先祖、環境が特殊で面白いのだが、それを文章にし、かつエンターテイメントとして提示するためのフィクションを巧く交えているところは山下の能力だろう。多分に筒井風だけれども。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。