スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jonathan Nott + Bamberger Symphoniker , Christian Tezlaff @ Suntory Hall

ジョナサン・ノット指揮のバンベルク交響楽団の来日公演に行ってきた。2006年の来日では2公演(マーラーベートーヴェン)とも行ってしまいましたが、今回はスケジュールの都合で1回のみ。ブラームスばっかりプログラム。ドホナーニも、パーヴォ・ヤルヴィとフランクフルト交響楽団もブラームスチクルスをやりましたが、最近のはやり何でしょうか。まず悲劇的序曲。颯爽と始まったものの、途中から縦の線がそろわなくなり、金管は咆哮し、リアルに悲劇的になっていました。ドイツでは本日と同じプログラムを演奏しているものの、今回のツアーでこの曲を演奏するのは、この1回だけだったので練習していないのかもしれません。
次がテツラフがソロを取るヴァイオリン協奏曲。テツラフはドイツ人なので手堅い演奏をするのかと思ったら、手くせで流して弾くような粗い演奏でした。あれをもってスリリングな演奏とする人もいるんでしょうね。ムターもツィメルマンも昔はかっちりした構成力のある演奏だったので、テツラフも若いころはそういう演奏だったのかもしれませんが、今日の演奏はいただけない。オケと指揮者のほうが素晴らしく、テツラフのノリで適当に揺れるテンポにきっちりつけていました。スピード感もあり、気持ちのいい伴奏だったのではないでしょうか。ちなみにこの指揮者、よく唸る。アンコールがあり、バッハの無伴奏から2曲(パルティータとソナタから1曲づつ)弾いたのですが、これも、かっちりと音を積み上げて弾くのではなく、手癖で弾き流している感じがして、ぼくの好きなバッハではありませんでした。
メインは交響曲の第2番。確かにこのオケ、管が弱いです。木管は古いドイツオケのひなびた音がするし、金管は馬力はあるもののミスが多い。しかし、ヴァイオリンコンチェルトの2楽章のオーボエとか、このシンフォニー第2楽章のホルンとか、めだつソロでは絶対にはずさない上に朗々と歌い上げる。弦はすばらしいです。ピッチもかなりうるさくいわれているのかそろっている上に、メンバーのリズム感が統一されていて、ピチカートひとつでも揃ってはねるように響く。ベースはゴリゴリなるところがうるさいときもありましたが、5弦がよく響くように訓練されていると思いました。これは現代音楽も得意なノットのバランス感覚によるものなのでしょうね。
よく演奏している曲なので、慣れで進んじゃうことも多いと思いますが、それは第1楽章に見られる程度でした。第2楽章以降からは、ノットのコントロールのよく効いた緊張感のある演奏でした。たとえば第4楽章のコーダもほえるのではなく、音を出した後は、さっと音を引いて全体の音が聞こえるように工夫していたと思います。オペラ出身で、リングも経験がある人なので、ドイツもののオペラが聴いてみたい。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。