スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワーグナー王朝」

ハンス・ヨアヒム・バウアー「ワーグナー王朝」 : Richard Wagnerからウォルフガングに至るまでのワーグナー家の歴史を書いた本です。コジマ以降のワーグナー家について書かれた日本語の本は、それほど多くないので面白かったです。著者によると、戦後の「新バイロイト様式」を確立したと言われているヴィーラントの評価が低く、彼の演出はほとんど妻のゲルトルートによるものだという主張になっていました。ヴィーラントの愛人がアニア・シリア(ドホナーニの元妻、最近アルバムが出ましたね)だということも明確に語られている。原語の出版が10年くらい前のものなので、最近のカタリーナとエーファの後継者争いまではきっちりと書かれていない。

コメント

非公開コメント

Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。