スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーロッパ食い倒れ 9 / Mueller Beisl Goesser

夕食はミュラー・バイスルにする。店の雰囲気はオーストリア風だし、料理もオーストリア風。店の人は観光客にもやさしい。Fiakergulaschをオーダーする。グラーシュはハンガリーのシチュー。Fiakerはウィーンの2頭立て馬車のことなんだけど、なんでこの料理がフィアカーグラーシュと呼ばれているかは知らない。ウィーンで食べるグラーシュは美味いから、細かいことはいいのだ。Bierが3.70オイロ、Fiakergulaschが12.90オイロ。

Wien

Wien
スポンサーサイト

Geschichten aus dem Wienerwald / オーストリア2日目午後 ウィーン

Wien

昼食後、レオポルド美術館へ。ミュージアム・クオーター(MQ)という博物館地区にある美術館だが、ここの展示は企画もいいし、力が入っている。入場料は11オイロだが価値は十分ある。

Wien

美術鑑賞のあとはおみやげ探し。なんとなくおみやげの体裁が整う。その後グラーベンをぶらぶら。カフェ・レーマンというのに入ってみたかったのだが無くなっていた。王室ご用達だったそうだが、閉店したようだ。しかたがないのでゲルストナー(Cafe Gerstner K und K Hofzuckerebcker)へ。となりの日本人観光客っぽい若い子が店員ともめていた。お茶を飲んでもまだ16時過ぎだったので、ケルントナー通りをウィンドウショッピング。EMIに入ったらクラシックコーナーでパーティーをしていた。日本人演奏者のCD発売記念のショップコンサートだったみたい。
国立歌劇場の前にあるショッピングセンター(Ringstrassen-Galerien)も覗いてみる。

Wien

アルベルティーナ(Albertina)に行く。ピカソ展の広告を見かけたので入ったのだが、その企画は昨日に終わっていたことに入ってから気づく。展示物は殆ど無くてつまらなかった。9.5オイロ無駄にしたかも。
まだオペラまで時間があったので、ザッハーへ。初めてテラスではなくカフェの方に入る。

Wien

ヨーロッパ食い倒れ 8 / Cafe Sperl

昼食はカフェ・シュペールで取ることにする。ここは19世紀からあり、当時の芸術家が通ったらしい。ビリヤード台などもあり、時間を潰しているご老人もいるが、勉強している人もいれば商談をしている人もいる。Wifiがただで使えた。サンドイッチ、コーヒーで10.60オイロ。
Wien

Birdland / オーストリア2日目午前 ウィーン

ホテルの朝食はレバーペーストやあらゆる種類のチーズが並んでいる。この朝食はおすすめ。

今日の午前中のメインはお墓参り。Schwarzenberg plから71番トラムに20分ほど乗って、中央墓地(Zentralfriedhof)へ。トラムが少し旧式で風情のある車両だった。
Wien

WienWien

Wien

この墓地はベートーヴェンなどのお墓があることで有名な墓地だが、まずザヴィヌルのお墓を目指す。墓地の真ん中に建つカール・ルエガー教会の近くにあり、33G区画にある。地図の写真をとったので貼り付けておく(クリックすると拡大)。この区画も音楽家のお墓が多くあり、ウィーン・フィルのコンサートマスターだったボスコフスキーや、作曲家のツェムリンスキーのお墓もあった。ツェムリンスキーのお墓は尖りすぎ。
Wien Wien Wien

32A(地図の写真)にあるモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、シューベルト、シュトラウスの墓もお参り。ちょうど訪れたときにガスが出始めて雰囲気があった。この32Aの区画には「Musiker」と音楽家の墓があると標識がたっていた。何人かの観光客も来ていた。
Wien

Wien

ヨーロッパ食い倒れ 7 / Figlmueller Backerstrasse

ウィーンといえばシュニッツェル。まあ早い話がトンカツ。夕食はFiglmueller Backerstrasseというシュニッツェルで有名な店で食べることにする。シュニッツェルが13.90オイロ、ワイン2.30オイロ。写真で見ると顔ほどの大きさがあるが、とても薄いのでサクっと食べられる。ナプキンに書かれている「ウインで一番有名な」がなんとなく残念。
Wien

Wien

Der Kongress tanzt / オーストリア1日目 ウィーン

マイトリンク駅(Wien Meidling)に到着。ウィーンの交通は以前来た頃に比べかなり変わっているようだ。国際列車が停まる駅がこの駅ってのも違和感がある。ミッテ駅からホテルに近いSchweden plまで電車で移動するが、ミッテ駅も大工事中。後から調べたらウィーン中央駅というのを作るらしく、それに合わせていろいろ工事しているみたいだ。
まだ12時でチェックインはできないのでホテルに荷物だけ置かせてもらう。ウィーンは地下鉄やトラムに乗っているだけでうきうきしてくる感じがする街だ。ホテルからケルントナー通りを抜け、シュテファン寺院の方まで歩く。ホテルの近くでフランツ・シャルクのプレートを見つけた。フランツ・シャルクはウィーン国立歌劇場総監督だった人で、ブルックナーのスコアを改訂(改悪?)したことでも有名な人。2枚目の写真は今年生誕100年を迎えるリストの音楽祭(Listomania2011)のポスター。いい感じだ。

WienWien

シュテファン寺院はちょうど礼拝中だった。シュテファン寺院も工事中で、入り口の面は絵が書いてあるシートで覆われている。ヨーロッパのどこでもそうなのだが、同じように見せようとする観光上の努力が当たり前のようにおこなわれている。

WienWien

SchwarzenbergplからD番のトラムに乗り、ベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere)へ。前に来たときは雪だったが今日は暖かい。オーストリアギャラリー(Oesterreicher Galarie)を見学。クリムトやシレーなど。クリムトのKussの絵の前は、日本人ツアー観光客が退屈そうにたむろしていて悪い雰囲気だった。宮殿の庭園では、ここぞとばかり日光浴を楽しむ人であふれていた。ちょっと太陽が出ているとすぐにこうだ。下宮まで歩いて71番トラムに乗り市内へ戻った。

Wien

Wien

トラムを降りたところがムジークフェライン(Musikverein)の近くだったので外から眺める。今回はこの中で聴く機会がなく残念。日本では雪だそうだが、気温がとても高く、街の掲示を見ていると13度くらいで暖かい。暖かくて天気がいいので、レンタルサイクルを借りることにする。いや、目についたから試してみたくなっただけだ。市内のいろんな場所においてあって、どこに返してもいいレンタサイクル。クレジットカードがあればOKで、自転車置場にある端末で登録や貸し出し作業をセルフでする。保証金がいるが(返してもらえる)、3時間で0.90オイロ(100円くらい)しかかからない。自転車で市立公園(Stadpark)を走り、シュトラウス、ブルックナー、シューベルトなどの像を見る。ブルックナーの像は、なんかペンキのようなものがかけられていてハナ肇の状態になっていた。

Wien

WienWien

そのままクンストハウス・ウィーン(Kunsthaus Wien)へ。入場料12オイロ。フンダートヴァッサーという人の絵や建物デザインが中心の美術館で、美術館自体も彼のデザイン。現代美術中心だが企画展がイマイチだった。自転車を飛ばして、ウィーン北駅あたりまで行き、プラター公演の観覧車を眺めてからホテルに戻る。
Wien

Hotel Austriaに16時ころチェックイン。道から入った奥にあるし古そうとも思ったのだが、バスタブはあるし熱いお湯はでるし、受付も親切でまったく問題はない。ロビーでも部屋でも部領でWifiが使える。2泊で173.90オイロ。

Wien

Wien

Wien

16時半ころホテルを出て、トラムに乗り美術史博物館(Kunsthistorisches Museum)へ。夕焼けの色がきれいだった。上の2枚目はコンツェルトハウス(Konzerthaus)。ここのホールはまだ入ったことがない。美術史博物館は入場料12オイロ。ここは3回目。フェルメールなどお決まりの絵を観る。そのあとホテルザッハーでザッハトルテを食べてオペラまで時間をつぶす。

Wien Again 5日目 → ミュンヘン

Happy ChokoMarathon朝ごはんに馬蹄形のチョコが付いてきた。幸福を呼ぶ縁起物らしい。ホテルの前にトラム44が止まる。WestBahnhofのロッカーにスーツケースを入れる。鍵ではなく、駐車券みたいなのだ出てくる変わったロッカー。ウィーンの市内はRingと呼ばれる道で囲われているが、そのRingでマラソン大会をやっている。1週5kmほどを走るらしく、トラムも動いていない。13時半発のOBB ICに乗る。そこそこ混んでいるが、昼間なので景色がいい。16時半ころSalzburgに着き、16時53分発のICに乗りMuenchenへ。19時すぎ帰宅。同居人が新年の挨拶をしにやってきて、パーティーに行くと言う。おまけに一緒に今から行かないかと誘われるが、さすがに疲れているので断る。1時間待ってくれたら行ったのだが。

Wien Again 4日目

Bervedere昨日の予告どおり、ホテルを移れとのことなので、朝食を食べチェックアウト。オーナーの旦那の車で新しいホテルへ。かなりテコンドーが気に入ってるらしく、マーシャルアーツは何かやっているかと聞かれる。僕の出身高校は嘉納治五郎が創立に関わってる高校で、柔道は必修の授業だった。柔道やってたよというと、残念そうな顔をして、日本はトヨタ、ホンダ、ヒュンダイとかいい車作ってるねぇといわれる。最後のは違いますよ。よっぽどカンコクに興味があるんだな。着いたのはウィーン大学の付近にあるペンション。かなりきれいで部屋も入り口もカードキー。シャワーも大きめで、インターネットスペースもある。こっちのほうがいいじゃん。CNNのニュースで大きく取り扱われるほどの寒波がやってきており、今日も大雪で吹雪いている。ホテルから歩いて10分くらいのところにあった、Votiv kircheを見学し、Staatsoperへ。昨日でコンサートはお腹いっぱいなので、今日はオペラを見ようと企む。しかし、150Euroの席しか残っておらず、ダフ屋もペア券しかないというのであきらめる。トラムDに乗って、Liechtenstein Museumへ。入場料は10Euro。リヒテンシュタイン公国のお殿様のコレクションを展示している美術館。警備が物々しい。ルーベンスの絵が良かったが、ワンフロア分しか絵がない。昼食は街中で取って、トラムDに乗ってSchloss Belvedere (ベルヴェデーレ宮殿)へ。上宮と下宮があり、上宮から見る。クリムトの有名な"Kiss"やゴッホなど、いい絵が多い。その後庭園を下って下宮へ。吹雪いていて寒い。下宮はバロック美術館と中世美術館。こっちはそこそこ(僕の興味の問題もあるが)。トラム71にのりOperへ再び向かい立見席を購入。白人女性が、数人の中国人団体にGallareyとBalconyの席の違いを聞いていたが、中国人の集団は答えられなかった。そこで僕が教えてあげたら、中国人の方がThankYouと言ってきた。いやいや君達に教えてあげたのではないよ。2EuroでBalconyを購入。ウィーンのStarbucksはメニューが若干違うような気がする、というかクリームを入れるととんでもなくウィーン風仕立になる気がする。

Wien Again 2日目

Wien with snowダフ屋朝ごはんはコーヒー以外、暖かいものがない。外を見ると大雪。Staatsoperに行き、今晩のチケットを買うことにする。7Euroの席があるがステージは全く見えないぞといわれ、諦める。しかし、TicketOfficeを出たところで、マントを着たダフ屋が話しかけてきて、今日のチケットを持っているという。7Euroの席を30Euroで購入。ダフ屋ではなく、一応許可をもらっているチケット仲介業者らしいが、やってることはダフ屋だ。しかし、街の雰囲気に合わせてみんな写真のように中世風の衣装を着ている。Leopold Museumに行く。展示点数が多い上に、オルセー展をやっており、運良く「笛を吹く少年兵」やGoghの夜の海の絵などを見ることができる。前回見ることのできなかったHofburgへ行き、皇帝の間、銀器博物館、シシリー博物館と見る。外は大雪で歩くだけで疲れる。その後、Demelでお茶。Hotel Sacherとの比較のためにSacher Torteを食べるが、イマイチな気がした。

Salzburg → Wien Again

MirabellHerbert von KarajanMirabell
朝早く起きて、Schloss Mirabell (ミラベル宮殿)を散歩。ここも"Sound of Music"に出てきますね。雪で仲間で入れず、景色も雪景色ですが。あと、Makartsteg(マカルト橋)を渡った(駅側)すぐのところに、Karajanの生まれた場所がある。どうやら普通の住居として使われているようだが、プレートも貼ってあり、家の前には銅像がある。旧市街の真ん中の公園にMozart像があるのだが、そんなのお構いナシに、スケートリンクができている。違和感あるなやっぱり。街をぶらぶらした後、OEC(オーストリア鉄道の特急)でWienへ。ちょうど3時間かかる。とりあえず、宿に向かう。U-BahnのBurggasse駅から歩いて5分くらいのところにある、Carantania(住所はKandlgasse 35)という名のペンション。インターフォンのところに紙が張ってあろ、良く見ると、「Takeuchi-Sanへ。向かいのテコンドー道場にいるのでよろしく」と書かれている。道の向かい側にはハングル語だらけのテコンドー道場が!オーナーを呼びに行って無事にチェックイン。部屋はそこそこきれいで、シャワーのみだが、休暇シーズンなので1泊75Euroとちょっと高め。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。