スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prokofiev "The Gambler" / Sebastian Weigle @ Oper Frankfurt

19時すぎにフランクフルト歌劇場へ到着。実はこれまでフランクフルトでコンサートやオペラを聴いたことがなく、アルテオーパとフランクフルト歌劇場には行ってみたいと思っていた。ちょうどワーグナーの指環のチクルスを上演する時期だったのだが、4公演セットでないとチケットが取れないということなのでなくなく諦めた。この日は、アルテオーパもフランクフルト放送響の定期公演、小ホールではヴォロディンがカプスチンを弾く公演があったのだが、音楽監督のヴァイグレが指揮をするオペラがあったので歌劇場へ行くことに決めた。演目はプロコフィエフの賭博師……ゲルギエフですら聴いたことがない…。この劇場は、新しいため設備がいい。ヴィーラント・ワーグナーの演出に出てくるような丸いステージとスクリーンが特徴的。クプファーの演出は、2001年宇宙の旅みたいな映像など良くわからないところもあったが、劇場の設備は活かされた演出だったと思う(こんな感じ)。
ヴァイグレが録音した指環のCDでも感じたが、バランスが良く音が濁らずによく聴こえる。録音がいいだけではなくて、オケの音自体が非常に良くて巧い。右のバルコニー席に座っていたのだが、ステージ上手から沸き上がってくる音がPAなんじゃないかと勘違いしたほど抜けが良くてよく響く。ロシア臭はないがいい演奏だったと思う。歌手も全体的にレベルが高かったが、アニヤ・シリアを聴けたのが収穫か。出てきただけでオーラを感じるたぐいの歌手だ。もう聴く機会なんてなさそうなので。客も絶大な拍手。このようなマイナーなプログラムでも満席だったし客のレベルが高そうだった。

130119Oper01.jpg

130119Oper02.jpg

130119Oper03.jpg


スポンサーサイト

Wagner "Lohengrin" / Kent Nagano @ Bayerische Staatsoper

Muenchen

18時からバイエルン州立歌劇場でオペラ。ケント・ナガノ指揮のローエングリン。2009年プレミアのリチャード・ジョーンズによる演出で、カウフマンがローエングリンを歌った公演がDVDでも発売されているもの。DVDはまだ観ていなかったので、演出も気になるところだった。本日も、もともとカウフマンが歌う予定だったのだが、体調不良という理由でベン・ヘップナーに交代。そもそもカウフマンのスケジュールは、バイエルンでのフィデリオ→ウィーンでのウェルテル→バイエルンでのローエングリンとほぼ休みなく詰め込みすぎだったので、まあこなすのは無理という判断だったんだろう。席のランクはB席で、92.50オイロの席。平土間後ろから4列目の左側。

序曲から緊張感と透明感のある音がする。ケント・ナガノはベルリン・ドイツ響とも映像を残していて、この音がとても清潔感のあるすばらしいものだが、その印象と同じ演奏。しかし、幕が開けると……演出がしょぼすぎる!今年の来日公演は、この演出のローエングリンを持ってくるのだが、怒る人多いだろうな。いくらカウフマンが歌っても限界があるんじゃないかな。今のドイツの劇場に、古い神話のような演出を期待する人も少なくなってきているだろうが、これは厳しい。先に述べたベルリン・ドイツ響のバーデン・バーデン祝祭劇場の映像はレーンホフの演出で、登場人物はスーツだし現代的な演出だが、意図が解らないわけではない。第2幕以降も、幕が上がる前からステージ上で多くの出演者が、ローエングリンとエルザが住む家(のセット)を組んでいるのも解りにくい。
ローエングリンの登場シーンで白鳥の人形をもって出てくるのだが、あまりのカッコ悪さに苦笑。横を見たらおばちゃんが爆笑していて、こちらを見ながら「あれは無いわ」という目をしていた。

そしてローエングリンを歌ったヘップナー。音の出だしが必ずかすれる。声量はあるしヘタレないけど少し厳しい。しかも第3幕まで体力的に持っていなかったよう。声も役にしては明るすぎるかな。オルトルートを歌ったヤニナ・ベヒレ (Janina Baechle)、エルザ・ファン・デン・ヘーヴァ (Elza van den Heever)は素晴らしい歌と声だった。

全体を通して一番素晴らしかったのはケント・ナガノとバイエルン州立歌劇場管。ナガノらしい、けっこう快速なテンポだったにもかかわらず、落ちることもほとんどなく、最後まで透明感があり、うねるようなワーグナーを聴かせてくれた。第3楽章前奏曲も体感速度で言えばムラヴィンスキー並みに聴こえた。

Muenchen

Simon Rattle , Anne-Sophie Mutter (vn) , Berlin Philharmoniker @ Berlin Philharmoniker

Berlin

ホールの周りが物々しい警備で、ホールに近づくためには警官のにチケットを見せてチェックがないと中に入れない。チケットは中で受け取るというと通してくれたが。だれか要人がくるコンサートだったのだろうか。今日のコンサートは、今回の旅行にあたって真っ先に取ったチケットであり、このコンサートを中心にスケジュールを組んだ。ラトルとベルリン・フィルのチケットは20分程度で売り切れる。12月5日の発売時に混雑するネットをくぐり抜け購入した物だ。このチケットが取れなければ、今回の旅行のスケジュールはもっと違うものになったと思う。ちなみにチケットは112オイロの席。

BerlinBerlin

ベルリン・フィルのロビーで、ベルリン・フィルのマーラー演奏史に関する展示があったのだが、フルトヴェングラーがマーラーの1番を振っていたことをはじめて知った。ザウアーとのリストも気になるけど。

20時からラトル指揮ベルリン・フィルのコンサート。プログラムは、フォーレ、ムターとのドヴォルザーク、シューマンの2番。メンバーは、コンマスが樫本、木管がブラウ、マイヤー、ベイダー、ティンパニはゼーガーズ。
フォーレの「ペレアスとメリサンド」は神経質で丁寧な演奏。美しくはあるけど少し色気が足りないという贅沢なのか。フルートは最高に気持よかった。
ドヴォルザークの協奏曲はムターに違和感を感じてしまった。数年前にムターを聴いたときにも思ったのだが、彼女のビブラートのかけ方やポルタメントの使い方が、録音で聴く若い頃に比べて演歌っぽくなってきてる。それがピッチの甘さに聴こえ、トーンの美しさを損なっている気がする。今晩もそうだった。

BerlinBerlin

休憩中はムターのサイン会が開かれていた。ファンはやはり多い。Digital Concert Hallの機材などをチェックしたりしているうちに休憩が終了。
後半のシューマンが始まる前に、サントリーホールではP席にあたるステージの向こう側の客から「ハッピーバースデー」の合唱が湧き上がる。1月19日はラトルの誕生日だ。合唱があったあと、ラトルは照れくさそうにしていた(YouTubeにその時の映像がある)。ちなみにベルリンに縁がある森鴎外も1月19日が誕生日。
シューマンの交響曲第2番は、2年前のベートーベン・チクルスを聴いたときと同じ方向性で、ベルリン・フィルの底力を見るような演奏だった。ラトルの思う像を押し付けるのではなく、ベルリン・フィルの機能を最大限に活用し、ゴリゴリと推進するシューマンだった。第3楽章でのピアノの部分なども素晴らしい弱音で美しい。ラトルのノリと曲への見通しとオケの機能性の高さがうまく融合している。それってよく考えればカラヤンの時と同じなんだけど、カラヤンの全盛期は生で聴いていないので、このように状態のいいベルリン・フィルが聴けることに感謝しなければいけない。今のラトルとベルリン・フィルのコンビは好きだなあと改めて実感。これならシューマンも全集録音していいと思う。聴き終わった後の満足感が非常に高いコンサートだった。

Berlin

Artemis Quartett @ Philharmonie Kammermusiksaal

20時からベルリン・フィルハーモニーの室内楽ホールでアルテミス・カルテットのコンサート。室内楽ホールの方に入るのは初めてなので、そこも楽しみ。曲目はベートーヴェンの弦楽四重奏曲の第5番、第2番、第8番。当日券で一番いい席を購入。45オイロ。おもしろいのはいい席なんだけど3階。構造が変わっているので、音のいい席が土間席とは限らないようだ。ラジオ中継していたようで、立っているマイクを数えるとなんと15本。
チェロのルンゲ以外は立って演奏。エマーソン・カルテットもそうだが、最近立って演奏するの流行ってるのかな。第5番は疲れのせいか眠かったが、第2番はいい演奏だった。CDでもそうだがテンポは速めで低音が強いバランス。室内楽ホールも大ホールと同じく、音はもちろん良いの上に、音が大きく響き凝縮感がある。客は満席で若い客も多い。ベルリンらしく服装はラフ。昔はこのカルテットもファーストとセカンドを曲ごとに入れ替えていたが、今回はファーストは固定。休憩を挟んで後半は第8番。終楽章はかなりのスピードで駆け抜けた上に、フルトヴェングラー並みのアッチェレランドして客席も大盛り上がり。
Berlin

Berlin

Berlin

Massnet "Werther" / Frederik Chaslin @ Wiener Staatoper

Wien

Wien

Wien

19時半から今日もウィーン国立歌劇場でオペラ。今回の旅行で楽しみにしていたものの一つ。カウフマンが歌うマスネのウェルテル。奮発して一番高い席を取った。。平土間の真ん中から前めの席。指揮はフレデリック・シャスラン(Frederic Chaslin)。
昨日のサロメは通常運転だったんだなと思わせるほど、本日のオケは力が入っていた。昨日と同じような平土間席だったのだが聴こえてくる音が全く違う。きれいにバランスが取れていて柔らかく音がブレンドされている。昨日の指揮者のペーター・シュナイダーが悪いというわけでもないんだろう。第1幕と第2幕のあとに休憩。第1幕と第2幕を続けた後に休憩だっと思っていたのだが、急に終わったのでちょっと焦った。演出はガランチャが歌うDVD(指揮はジョルダン子)と同じもの。細かい配置や演技は多少変わっていたがほぼ同じだった。ゾフィーとアルベルトもDVDと同じ人だった。シャルロッテのソフィー・コッシュが素晴らしく良かった。しかし一番印象に残ったのは、やはりカウフマン。これまで彼の実演はミュンヘンでの魔笛のタミーノと、バーデンバーデンでのばらの騎士の歌手(指揮はティーレマン)と2回も聴いているのだが、どちらもピンと来なく世間の評判があまり理解できていなかった。しかし、この3回目にしてやっと真価がわかった。低い音は野太く、高い音でも細くならずにビブラートが効いた降り注ぐような声。これはやられた。なかなか録音に収まるようなものでもない。第1幕最後と第3幕が特に素晴らしかった。 コッシュと共にカーテンコールで6~7回は呼び出されていた。ほんとにいい公演だった。
Wien

R.Strauss "Salome" / Peter Schneider @ Wiener Staatoper

19時から国立歌劇場でオペラ。今回のウィーン滞在はオペラばかり。ムジークフェラインでは、ウィーン放送響のコンサートでメッツマッハーがショスタコーヴィチを振るという垂涎のプログラムだったのだが、こちらを選択。ペーター・シュナイダーの指揮でシュトラウスのサロメ。100オイロで平土間の後ろのほう。席のせいで音のバランスが悪く、全部上にむけて抜けている気がする。それだけではない理由かもしれないが特に金管のバランスが悪い。演出は基本的に普通で、セットのデザインはウィーン分離派やアール・ヌーヴォーなど作曲された当時のものが織り込まれている。カミラ・ニールンドのサロメ、Tomasz Koniecznyのヨカナーンは非常に良かった。ヘロデ王がセーブしすぎなのか最後までいまいちだった。なんとなく体力不足を感じる。サロメの踊りは表現主義的というか両手をバタバタさせて山海塾のような踊り。ニールンドも、あんな踊りをしてからよく歌えるなと思う。全体的になんとなく消化不良。
Wien

Wien

Manfred Honeckn , Czech Philharmonic Orchestra @ Dvorak Hall , Rudolfinum

Praha

芸術家の家(Rudolfinum)のドヴォルザークホールで、19時半からチェコ・フィルのコンサート。プラハに来た主な目的はやっぱりこれですな。チケットオフィスは建物の横、向かって右手が入り口。今日のコンサートは定期公演だったのだが、当日券でチケットが買えた。日本でいうS席で、平土間の後ろのほうの席だったが400CK(1800円くらい)。安すぎる。

Praha

Praha

PrahaPraha

ドヴォルザークホールは設備が古くて、ステージは狭め。フェスティバルホールやブリュッセルのホール、コンセルトヘボウを思い出す。構造はウィーンのムジークフェラインが若干似ている。

Praha

指揮はマンフレッド・ホーネックで、プログラムはドヴォルザークのスターバト・マーテル。チェコ・フィルをちょっとナメていたが木管以外はとても良かった。特に弦とティンパニが良く、弦は同じように学んだ人達による均質なサウンドを守っているようだった。ピッチは高め。ティンパニの硬い響きもホールにあっていた。木管は私の好みの音ではなかったので仕方がない。歌手はステージではなくコーラスと共に2階のオルガン席で歌う。ホーネック兄の指揮姿は素人目に見ても解りやすく、ある意味カッコ悪いが、オーケストラのバランスをうまく取るコントロールをしており、ダイナミックレンジの広い音楽を作る。昨日のスラットキンのように下品にならないところも良い。スターバト・マーテルってこんなに激しい曲だったかと思うほど、テンポも速めで劇的な効果を狙った演奏だった。90分ほどのコンサートだったが場所も含めて感動した。チェコ・フィルのプログラム冊子は25コルナで100円程度だが、観光客などのことも考えて、半分はチェコ語で半分は英語で書かれている。日本でもこうじゃないとクラシックコンサートの客が増えないよな、と思う。

Leonard Slatkin , Jonathan Biss (p) , Gewandhausorchester @ Gewandhaus Leipzig

Leipzig

20時からゲヴァントハウスでゲヴァントハウス管弦楽団のコンサート。夕方に当日券を購入。一番いいS席が43オイロ。まずホールに入ると既視感が。受付の造り、階段の感じやCDショップの雰囲気がベルリンのフィルハーモニーと似ている。設計はシャウロンではないし、このゲヴァントハウスが建てられた時期はフィルハーモニーに比べて20年くらい遅いのだが。コンサートの開始を告げるアナウンスの音楽はシューマンの交響曲第1番冒頭のファンファーレだった。
コンサートの指揮はスラットキン。まずボルコムのコメディア。なぜか普通にに演奏していた。ホールの響きだが残響が長め。印象で書くと、サントリーホールと同じくらいの残響の後に、響きが消えずにさらに斜め上に音が伸びる感じ。2曲目はジョナサン・ビスがソロのモーツァルトの17番。これはビスがよかった。とても神経質でガラスのようなピアノ。アンスネスやハフがさらに神経質なった雰囲気。この人のCD買ってみたくなった。アンコールはシューマン。
メインはショスタコーヴィチの交響曲第5番。ティンパニがいい音を出していた。ホームグラウンドだと音の消えるタイミングなんかもいい感じ。弦がアメリカのオケのような音がする。そういえばシャイーはコンセルトヘボウでベースのグリップを変えて非難されていたが、ゲヴァントハウスではジャーマングリップのままだ。第4楽章は初めが遅く最後が早い、ムラヴィンスキーとは正反対の解釈。

Wagner "Parsifal" / Simone Young @ Hamburgische Staatoper

HamburgHamburg


ハンブルク州立歌劇場は、かつてハンス・フォン・ビューローやマーラーが在籍したオペラハウスで、最近はメッツマッハーが演出家のペーター・コンヴィチュニーと多くのプロダクションを残したことで有名な歌劇場。建物は1955年に再建されたもので、外観のシンプルさやロゴの感じがベルリンのドイチェ・オーパに似ている。建物の横の壁にマーラーのフレームがあった。クロークは地下と各階にある。中の作りも現代的で配役はモニターに表示される。ロビーの奥がラウンジになっている。カジュアルな客が多い印象を受けた。

Hamburg

今日はシモーネ・ヤング指揮のパルシファルで、公演は17時から。今回の旅行で楽しみにしていた公演のひとつ。一番いい席を買ったが79オイロで、他のドイツのオペラハウスに比べても安いと思う。ミュンヘンのコンサートのようにチケットを持っていると公共交通機関がただで乗れるようだ。席は2階のセンター(1Rang Links Balkon)。プログラムは3.50オイロ。

ヤングのイメージからすると、遅いテンポでねっとりと進むかと思ったが、意外なことに序曲から速いテンポでサクサクと進む。全体がそうではなく、シーンによっては濃くうねるような響きを出していたところもあった。オーケストラの音は、これも意外なことに薄く、金管のミスが目立つ。演出は、舞台全体のイメージがモノトーンで動きが解りづらい。ここで問題発生。第2幕の最後のほうで途中で急激に気持ち悪くなる。睡眠不足がたたったようだ。デノケのクンドリーはすごかったんだろうが、印象には全く残っていない。もったいないことをしたものだ。フローリアン・フォークトのパルジファルは声も良く、最後まで安定していた。私はいいと思ったが、彼の軽い声は上から舞い降りるような柔らかい声なのだが、これは好き嫌いがあるかもしれない。22時に公演終了。以前、ミュンヘンでパルシファルを見たときは第1幕の後に拍手をする人はいなかったが、今日はみんな普通に拍手をしていた。

Fabio Luisi, Arabella Steinbacher (vn) , Bayerisches Staatsorchester @ Nationaltheater

20時よりバイエルン州立歌劇場オケの定期演奏会。指揮はファビオ・ルイージ。当日でもチケットが買え、C席40ユーロを購入。平土間(Parkett)左のほとんど後ろ。プログラムは、アイネムのカプリッチオ、ヒンデミットのヴァイオリン協奏曲、マーラーの交響曲第1番。アイネムは意外と聴きやすい曲で、面白い演奏だったが時差ぼけでちょっと眠い。続いてのヒンデミットの協奏曲のソロはアラベラ・シュタインバッハー。彼女を生で聴くのは3回目。5年前のガスタイクで初めて聴き、とても気に入った人だ。この曲、難しそうな割にソリストの見せどころがほとんど無いような曲なので録音も少ないが、やはりシュタインバッハーのテクニックがあまり生かされていないような印象。アンコールにクライスラーの「レチタチーヴォとスケルッツォ」を演奏した。ユーモアもちょっとあり、ミスも物怖じとしない、燃え上がるような演奏だった。ミュンヘンはシュタインバッハーの地元なので人気が高い。ガスタイクで聴いた時と同様に客席の期待を感じた。休憩中はCDショップコーナーの前でサイン会。
後半の巨人はルイージの指揮が熱い。かなり飛び跳ねる指揮ぶりだった。第1楽章のファンファーレの前の部分のリタルダンド、ファンファーレに入ってからのアッチェレランドなどいたることろでテンポをいじりまわしていた。。第3楽章のベースはソロではなく、トゥッティ。演奏後、客も床を踏み鳴らしてブラボー。観客がこれほど興奮している演奏会は久々だ。
Profile

Shinya Takeuchi

Twitter
Follow Me!
shinyatakeuchiをフォローしましょう
Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Monthly Archives
Category
Visitor
Search in my logs
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。